WordPressテキスト作りに本腰入れます

シェアする

image

前々からWordPressを初心者でも挫折せず使えるようにすることを考えています。私自身Wordpressを利用してわかった初心者が挫折してしまう理由、初心者向けセミナーでは出来たのに挫折する理由をわかりやすく解説し、最終的に一人前のWordpressを増やしたいと考えています。

スポンサーリンク

WordPress標準のサンプルテーマで覚えた知識は役にたたない

わずか数時間で作れるWordpress講座と言うのは、厳密に言うと初期テーマをサンプルとした管理画面(ダッシュボード)の解説です。WordPressは大きく分けると動作処理を行うWordpress本体ファイルと機能とデザインを定義したテーマファイルの2つで動作します。WordPress本体はテーマファイル従って処理を行います。テーマファイルが無かったり不具合があれば正常な処理はできません

WordPressのテーマファイル作成には細かく決められたルールがあり、一から作るのはベテランプログラマでも容易ではありません。そこでWordPressにはサンプル用の初期テーマが用意されており、多くのWordpress講座はこのテーマの操作方法を講義内容としています。Wordpressには便利な機能やルールがたくさんあるのですが、初期テーマは必要最小限の機能しか備えていないため拡張性や発展性に乏しく、さらに保守性も考慮されていないためWordpress本体のアップデートを実施すると、せっかく独自に作り込んだ部分が壊れるという悲惨な結果となり、復元するにはアップデートされた後の新しいWordpressに対し独自に作り込んだ部分を一から作り直すことになります。Wordpressにはこの問題を回避するためのルールも用意されています。

また最初に触れた初期テーマは機能が少ないので管理画面もシンプルです。しかし高機能なテーマは管理画面が複雑になり、ここで違和感を覚えたり戸惑う場合もあるようです。しかし管理画面の表示にも一定のルールがあり、それを理解するだけでハードルは低くなります。残念ながら初期テーマの管理画面は設定項目も少なく一目瞭然なので、管理画面を構成するルールから教えている初心者向けWordpress講座はおそらく皆無でしょう。

初心者を対象とするなら余計に最低限の基礎は教えるべきだと考えています。インターネットや検索エンジンの仕組みを理解した上でWordpressを使えるようにならなければ、このブログでも何度か書いているように、誰にもアクセスされないサイトになってしまう可能性があります。

1回2時間×7日間くらいで1人前のスタートラインに立てそうなテキスト&講義を目指します