他人にワードプレスを教える前にまず自分がワードプレスを勉強するべき

シェアする

image

本日もワードプレスネタになります。SNSで「初心者にもワードプレスをやさしく教えます」というイベントを発見したので、講師について逆リサーチしたのですが開設されている個人サイトが見事にハズレていました。今週ブログにも書いているとおり、初心者レベルで開設できるワードプレスは役に立ちません。それをお金を取ってまでわざわざ教えたいという人はワードプレスの活用法を理解していないか、または役立たないのを承知でお金を取る詐欺同然だと書きましたが、今回も予想どおりでした。

スポンサーリンク

見た目がキレイでもアクセスされないウェブサイトは存在しないも同然です

逆リサーチした結果、個人サイトをちゃんとワードプレスで開設されていました。ブログのアーカイブを見ると約2年ほど前から運営しているようです。そこで外部からアクセス解析ができる「SimilarWeb」というサイトを使って調べた結果、半年前から先月までのアクセス数が見事にゼロ、直近月はSNSで告知した結果なのか269件のアクセスがありました。それにしても少なすぎです。

ワードプレスはJimdoやWixに比べてSEO(検索エンジン対策)に有利なので、2年も続けていればそれなりのアクセス数はあるはずです。解析に使用している「SimilarWeb」も多少の誤差は出るものの、GoogleのAnalyticsの解析結果と比較しても大きな差はないので信憑性は有ると思ってます。しかもワードプレスにはアクセスを集めるための機能を組み込むことが可能です。この機能を使っていないというか、ひょっとしたら知らないのかもしれません。

この方のワードプレスで構築されているサイトは見た目にも綺麗に作られています。でも見た目が綺麗だからと言って沢山の人に見て貰えるとは限りません。インターネットはバーチャルな世界、検索エンジンにサイトの出来が人間の見た目にもキレイだとか、見づらいということは判断できません。こういう人から教わったワードプレスはおそらくアクセス数が延びずに終わると思います。

カスタマイズもせず標準機能だけ利用して開設するならワードプレスよりもインターネットサービスを利用したほうが圧倒的に手軽で有利です。こんな「なんちゃってコンサルタント」が予想以上に多いみたいで驚いています。

ワードプレスでさえ開設しただけではアクセスされないことを初めて知りました