ブログサービスやウェブサービスとワードプレスの決定的な違い

シェアする

image

ワードプレスを使えるようになりたいと思う前に、具体的に何を実現したいのか目的と手段は明確になっているのでしょうか。アメブロなどのブログサービスや、JimdoやWixなどの手軽に利用できるインターネットサービスでは出来ないことでもあるのでしょうか。そもそもフォロワーを集めたいだけならSNSのほうが手軽で効果的です。

スポンサーリンク

インターネットサービスを使って不便を感じないならワードプレスを使う必要なし

インターネットサービスもワードプレスもCMS(コンテンツマネジメントサービス)と呼ばれるプログラムで動作しています。両者とも管理画面から利用したいデザインを選んで必要な項目を設定するだけでサイト開設できます。この程度で済むサイトであればプログラミングのような専門知識は必要ありません。しかし実現できるのは管理画面で用意された機能に限ります。それ以上のことはCMSを修正しなければなりません。つまりプログラムの書き換えです。

しかしインターネットサービスではプログラムの修正が許されず、そもそも使用されているプログラムは非公開です。一方でワードプレスはオープンソースと呼ばれるように般に公開され自由に改造することができます。改造どころか一から作りあげることも可能です。但しワードプレスとして動作させるためには基本的なシステム構造とルールに従ってプログラムを書く必要があります。しかもプログラムを改造した結果によって発生した障害は自己責任となります。もちろん間違ったプログラムの修正箇所は誰も教えてくれません

ワードプレスはPHPというプログラミング言語によって生成されたHTML(WEBページを表示する言語)によって表示するページが作られます。ブログやウェブサイトを作りたいがプログラミングの勉強をしてまでやる気がないという人はインターネットサービスで十分です。そもそもインターネットサービスすら利用したことがない人や活用できていない人が、さらにハードルが高くなるワードプレスを活かせるわけがありません。

ただワードプレスは「オリジナリティ」や「俺だけの城」感を味わうことができます。インターネットサービスでは実現できないことも可能です。アイデアとそれを実現するためのプログラミングによって、新しい価値やコミュニティを創り出すことも可能です。これがワードプレスを使う最大の魅力です。

どうしてもでやりたい事があるという強い覚悟がない人にワードプレスはオススメできせん