ワードプレスが最適、無料ホームページをオススメしない理由

シェアする

image

ホームページはWEBサイトやブログが爆発的に広がったことにより価値を失いつつあります。それでも企業や任意団体などの需要はあるようで、無料ブログサービスのように無料ホームページサービスもあります。

アカウントを登録するとサイトアドレスが貰え、いくつか用意されているテンプレートを選択してWEBブラウザから操作する事でホームページが出来上がっていくサービスです。有名なサービスとして「WIX」と「Jimdo」の2つを例にして、私がオススメしない理由をお話しします。

「Wix」「Jimdo」を代表とする無料ホームページサービスについて

1.無料ですぐはじめられる(メリット)

クラウド型CMSのため、アカウントを登録するだけですぐにホームページ作成することができます。用意されたテンプレートを選択することで、HTMLやCSSなどの専門知識が無くともそれなりのホームページが出来上がります。Wixはプラグイン機能があり、拡張機能を追加することができます。

2.広告が表示されてしまう(デメリット)

無料ブログサービスと同様、運営者が経費を稼ぐための広告が挿入されます。有料プランを選択することで広告を非表示にできます。とくにご自身でアフィリエイトを希望される方には邪魔なだけです。広告を非表示にするために有料プランを選択するくらいならワードプレス付きレンタルサーバーを借りるのと大差ありません。むしろレンタルサーバーのほうがメリットが大きいと思います。

3.拡張性に乏しい(デメリット)

ページの階層に制限があったり、選択したテンプレートによってはメニュー数を増やせなかったりする様々な制限があります。そもそもテンプレートの数が圧倒的に少ない上に、Wixはイスラエルの企業が開発し2012年から日本語版がリリースされましたが、翻訳が不十分だったり英語版のままだったりすることもあります。

お金をかけずアフィリエイトもぜず専門知識を必要とするほど手をかけるつもりもない人にオススメ

ワードプレスについて

1.最近はワードプレスが使える無料サービスが出てきました。
  • WPblog サブドメイン形式(独自ドメイン可)、広告表示あり、ディスク容量1GB、データベース容量100MB、FTP可、MySQLは編集できず
  • Xdomain サブドメイン形式(独自ドメイン可)、広告表示あり、ディスク容量2GB、データベース容量100MB、FTP可、MySQLの編集可能
  • XREA サブドメイン形式(独自ドメイン可)、広告表示あり、ディスク容量2GB、データベース容量不明、FTP可、MySQLの編集可能
  • freeweb サブドメイン形式(独自ドメイン可)、広告表示あり、ディスク容量100MB、データベース容量100MB、FTP可、MySQLの編集可能

(詳細は各サイトで確認して下さい)

無料サービスの宿命でもある広告表示があったり、データベースの操作制限、サーバーに負荷掛けるとペナルティ(動作制限)があるなど多少窮屈な部分はありますが、使ってみる価値は十分にあります。何せ無料ですから。ワードプレスが準備されていなくても自動インストールサービスが用意されているようです。

2.有料レンタルサーバーなら独自広告&収益化が可能

無料サービスと違い運営者からの広告表示がありませんアドセンス広告やアフィリエイトを行うのも自由です。独自ドメインの他にサブドメインが使えたり、独自のメールアドレスが使えたりと、プラスアルファの機能が使えるメリットもあります。最近はドメインやサーバーの低価格化が進んでおり、月々数百円程度で使えるサーバーもあります。

3.無限といってもよい拡張性と高機能

ワードプレスのテーマ(テンプレート)は公式、非公式もあわせると数万はあると思います。またプラグインも軽く数万は超えていると思います。圧倒的なシェアを誇っていますのでネット上に様々な情報が出回っています。公式サイトはもちろん、ワードプレスに特化したサイトもたくさんありますし、関連書籍もたくさん出版されているので、実は行き詰ることがないはずです。テンプレート次第では隅々まで拡張機能が充実されており本当に手をかける必要がない場合もあります。

4.サーバーの引っ越しなどが簡単

システムからデータに至るまで内部構造が統一されおり、ワードプレス環境のあるサーバー間の引っ越しが簡単なのはとても末長く運用するにはたいへん心強いです。例えばサーバー会社が(最悪は倒産などで)サービスを終了しても基本的にバックアップデータを新しい環境に移すだけで再稼働できます。これが「Wix」や「Jimdo」のように独自規格だとサーバーの引っ越しは大変困難な作業となり、最悪はデータの移行を諦めて1からコンテンツの書き直しなんてことにもなります。

色んな事をやりたい、デザインや機能にも凝りたい、収益化も目指したいという人にオススメ

無料でワードプレスも使えるようになってきました。無料ホームページサービスを使うメリットはないです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする