自分らしい書き方を身に着けよう、参考書はこれ1冊でOK「新しい文章力の教室/唐木元」

シェアする

image

面白いブログは内容が大切なのはもちろんですが、伝える技術として「文章力」も大きく影響します。読みやすく、わかりやすく書くことが大切です。

「文章力」とひとことで言っても実は沢山の要素があって、今回紹介する「新しい文章力の教室/唐木元」は、とくにネットやメディアで書く文章はこれ1冊で全て学べる良書です。

ブログには「タイトル」と「本文」があります。まずタイトルを考える場合、検索ワードになりやすい言葉や面白そうと思われる言葉を入れる意識が大切です。

今回の記事ではタイトルの最初に「自分らしい書き方」という言葉を使っています。読者へのアドバイスとして「あなたらしい書き方」でも良いのですが、ブログを書く場合の書き方ついて情報を探している人は「あなたらしい」ではなく「自分らしい」というキーワードのほうがネット検索に使われる可能性が高いでしょう。

でもリアルな場所で人を集めて文章力のセミナーを行う場合は「あなたらしい書き方を身に着けよう」というタイトルのほうが親切丁寧なイメージがあります。ネットではストレートに伝えるのではなく、検索キーワードやハッシュタグを意識する事が重要になってきます。

タイトルの付け方も大切です。分かりやすく直観的に面白そうと思えるタイトルを意識する必要があります。タイトルを見て「つまらなさそう、何の事だか、難しそうだから」と敬遠されては勿体ないです。どんなに素晴らしい内容であって読んでもらえない記事は存在しないのと同じです。

書き方も様々なスタイルや手法があります。例えば作家とライターは書くことが仕事という点で共通しますが、書き方は大きく違います作家は自分が伝えたいことを書くのが仕事です。ライターは相手が伝えたいことを書くのが仕事です。私の個人的なイメージとしてブログ(自分メディア)は作家とライターの中間に近いかなぁと思ってます。主観的な事を客観的に書くイメージです。

「新しい文章力の教室」はポップカルチャー系ニュースサイト「ナタリー」の新入社員向け研修を「ナタリー式トレーニング」として書籍化されたものです。まず「良い文章とは」からはじまり「書く前の準備」として「イメージの作り方」、どのように構成するか、取捨選択と整理、リズムやスピード感、チェック方法から直し方、さらなる工夫へと、この1冊に書かれている事をすべてマスターできたら「書くことだけで食べていける」と言っても過言ではないと思います。

同じ「書くこと」でも編集社やマスコミなどで書く仕事では一定の合格ラインが求められますが、自分のブログでは合格ラインがありません。最初から上手く書こうと意識していたらいつまでも書けません。しかも言葉や文章は時間とともに変化します。わずか70年前の日本語はこんな感じです。
image
(小谷部全一郎「成吉思汗は源義経なり」昭和14年発行のオリジナル復刻版)

文章力は仕事や生活の中でも役立つこともたくさんあります。自分の強みにするのはやはり場数を踏むこと、経験値を上げることが一番の近道だと思います。今回紹介した書籍でしっかりツボを押さえて、お気に入りのブログなども参考にしながら自分のブログを書くことが最高のトレーニングになります。

文章力を身に着けるにはブログを始めるのが一番の近道です