【週末記】 2017/10/06

シェアする

image

今週の主な出来事です。

1.いよいよ衆議院選挙です。

何だかなー、新聞テレビだけではなく候補者や支援者まで「政局」で騒ぎすぎ、ちっとも「政治」の話が聞こえてこない。個人的には希望の党の公約に「ベーシックインカム」が明記されたことに注目しています。私はベーシックインカム大賛成派なので全国的に議論が盛り上がることは嬉しいです。でも希望の党は完全に絵に書いた餅で緊縮財政での実現は絶対無理、消費増税凍結しながらベーシックインカムなんて人気取りの何物でもないので笑ってしまいます。なので正々堂々、勇気をもって財政出動を公言する政党とその議員たちを応援します。来週あたり、どこかでビラ撒きしてるかも?。

2.今さら新聞やテレビとインターネットとの情報乖離に驚いています。

これも選挙絡みなのですが、急遽結成され開設された立憲民主党のツイッターのフォロワー数が、たった2日で公式政党アカウントで1位になったことが話題になっています。確かに他の政党のアカウント、とくに新聞テレビでは台風の目のように扱われている「希望の党」に比べると、(おそらく与党陣営から?)裏工作しているという噂が出るのも少しだけ納得したくなるほど差が開いてます。しかしインターネットは便利と言うか、どんなアカウントがフォローしているのか調べることができます。(1)READ/WRITEがないアカウント、(2)READのみのアカウント、(3)READ/WRITEがあるアカウントの3つについて調査することができ、(1)はフォロー専用の捨てアカウントである可能性があります。(2)は主にROM専用、(3)は積極利用、とフォロワーを増やすだけの裏工作を行った場合(1)の割合が高くなります。結論から言うと一番怪しいのが自民党でした(笑)。それにしても希望の党のフォロワー数の少なさは全く理解できません。新聞やテレビの扱いとネット上の扱いの違いには驚くばかり、小池人気、希望の党人気はマスコミが騒いでいるだけで、個人レベルでは新聞テレビが騒いでいるほど注目されていないということなのでしょう。どっちが一般庶民の感覚に近いのかと言えば、やはりインターネットになるのではないかと思います。

ではまた来週、よい一週間をお過ごしください

スポンサーリンク

シェアする

フォローする