MacでWordPressの勉強をしたい人に朗報

シェアする

image

数あるインターネットのサービスの中で、良く耳にするわりに良くわからないと思われているものにワードプレスがあると思います。ウェブサイトやブログを運営するならワードプレスがオススメ、「専門知識不要で初心者でも簡単はじめられる」という記事や広告、同様の書籍も多数出版されています。

スポンサーリンク

有りそうで無かったMac向けローカル環境構築ソフト「Local」

ネット上でも簡単に出来る、出来たという記事をよく見かけますが、その後どうなったかという記事はあまり見かけません。これはソフトウェアをIT技術やインターネット環境の進歩に対応するよう常に改良を続ける必要があります。ワードプレスも例外ではなくワードプレス本体、プラグイン、テーマなどを常にアップデートする必要があります。

ワードプレス関連ファイルのアップデートを行うと既存のファイルに最新のファイルを上書きします。カスタマイズするため既存のファイルに修正を加えた部分も容赦なく上書きされ初期状態に戻ってしまうことになります。しかしワードプレスは実によく考えられていて、アップデートによってせっかく修正した部分が初期化されてしまうのを避ける仕組みが用意されています。

この仕組みを使わなくてもワードプレスの基本的な動作に影響しないので、この仕組みは初期状態のワードプレスに備わっていません。アップデートで上書きされないようにするためには、修正を加えたい部分を標準ファイルと分けて別に作り込む必要があります。プログラム構造の修正になるので正しく動作するかの確認作業が行えるテスト環境(ローカル環境)が必要となります。

ワードプレスを動作させるためには様々なソフトウェアを用意する必要があるのですが、Windowsマシンであれば、これひとつでOKとなる「Instant WordPress」という超便利なソフトがあります。しかしMacの場合は普通にインターネットサーバーを構築するに等しいような複雑で面倒な作業を行う必要がありました。私もこの作業をWindows版でやってみましたが2度とやりたいとは思いません

ということでMacユーザー向けのワードプレス講座は諦めるしかないと思っていたところ、MacベースのWordpressローカル環境が簡単に構築できる「Local by Flywheel」というフリーソフトの存在を知りました。まだBeta版ながらWindows版もリリースされており、実際に利用したユーザーの評判もよく、これならMacユーザーにもローカル環境を使った体験型ワードプレス講座が提供できます。

講習用ローカル環境としてLocalへの対応も検討します