とっくの昔に消滅したホームページでも閲覧できます

シェアする

image

インターネットは凄いと言うか、恐ろしいと言いますか、過去に更新されたホームページが蓄積されており、それを閲覧できるサービスがあります。完全とまではいきませんが、復元率はかなり高いと思います。すでに削除され存在しないホームページの過去をちゃんと見ることができます。

スポンサーリンク

少なくとも全世界の20年前くらい前までのホームページには遡れるはず

WeyBack Machine という海外サイトです。アクセスするとURLを入れるウインドウがあり、ここに見たいサイトのURLを入れて検索します。するとカレンダーのような画面が表示され、更新履歴のある年月をクリックするとその年月のホームページを見ることができます。

私もさっそく利用してみました。最初に調べてみたのは2006年頃に仕事で関わっていたコンサドーレ札幌のオフィシャルブログ。残念ながら画像データは一部しか残っていませんでしたが、テキスト情報はコメントやトラックバックも含めてほぼ残っていました。このブログは、会社の倒産と同時に乗っ取りを仕掛けた会社によって葬られて伝説(?)のブログとなりました。

このブログはコンサドーレ札幌オフィシャルブログのサポーターブログで2006年3月6日に開設しました。このブログは、一般サポーターが知りえない運営側の話や新設されたばかりの若手選手寮「しまふく寮」の様子にも触れ、開設して早々アクセス数が殺到したため、一般サポーターとは別のスペシャルブログというカテゴリへ移動することになりました。

このブログは今から10年ほど前になるのですが、それ以前はどうかなと思い私が2002年頃に海外のレンタルサーバーを使って運営していたコミュニティサイトを調べてみました。このサイトは当時ブームだったiモードのアクセスを自動判定し、パソコン版とiモード版の表示を動的に切り替える仕組みを入れていました。で、さっそく調査してみた結果、アーカイブされていたのはiモード用のページで、PC用のページは見る事が出来ませんでしたが、PCとiモードで共用していた掲示板はちゃんと残っており、当時の書込みをみて楽しかった思い出が蘇ってきました

懐かしいホームページシリーズでもやろうかなと思ってます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする