【週末記】 2017/04/07

シェアする

image

今週の主な出来事です。

1.セキュリティの勉強を検討中

自分で言うのも何ですが、パソコン&インターネットではヘビーユーザーだと思います。かなり怪しいサイトや非日本語の海外サイトへもアクセスします。にもかかわらず甚大な被害を受けた経験がありません。皆無ではないのですが手動で対処できる程度でした。そもそも怪しいメールやウェブサイトの怪しいリンクは事前に見破ってきましたし、怪しい時はリカバリの準備をして踏んでました。なのでセキュリティソフトは自分の為と言うより他人に迷惑を掛けないよう3年前に始めて導入したほど、危機意識はかなり低いと自覚しています。しかしSNS上ではアカウントの乗っ取りや、スパムメールに引っかかったり、不正請求画面が消えないなどの書込みを良く見かけます。なので万が一の対策も含めてある程度の知識は心得ておこうと思っています。と言っている矢先、ワードプレスやプラグイン、テーマファイル等がまたまたアップデートされており、最新版への更新メールが毎日のように届いております。今週末のどこかでアップデートを予定しております。

2.久々にアプリ作ろうかと思ってます

クラウド上で共有できるデータベースアプリを探しています。テキストベースでインデックス検索だけできれば良いので、これくらいならフリーソフトで選び放題だろうと思っていましたが、どれも余計な機能が実装されていて、検索機能も全文検索はあれどインデックス検索を実装しているものが見つかりません。前々から気付いた時に探してはいるのですが、あるかどうかも分からないアプリを探し続けるくらいなら作っちゃうのも良いかなと思うようになりました。別件でアプリ開発も考えているのでこれもプラスになるかなと思ってます。

3.経済学者「井出英策」に注目してます

最近、慶應義塾大学経済学部教授の井出英策氏に注目しています。大学の講義では財政社会学を担当、財政社会学とは政府が政策を遂行するには財源が必要であり、その資金の調達と効果的な支出に関する政府の経済活動を研究する学問です。行政機能を経済活動という観点で考えるのはとても斬新だと思いました。今の日本は、金額ベースで経済成長分の4~5倍に相当する財政赤字を増やして続けています。売り上げを1万円増やすのに4~5万円の経費を使っているような状態です。つまり成長こそ国家の繁栄という今の政治に強く警告を発されています。先月はご自身の著書も発売されており、今後の活動に期待しています。

ではまた来週、よい一週間をお過ごしください

スポンサーリンク

シェアする

フォローする