【週末記】 2017/03/17

シェアする

image

今週の主な出来事です。

1.カリスマプログラマー小飼弾(こがいだん)にハマる

ひと昔前、サーバーサイドプログラムをPerlでゴリゴリ書いていた人なら知っているハズです。先日、ニコ生動画でベーシックインカム、朝まで生激論を見たのですが、小飼弾しが出演しており、熱烈なベーシックインカム賛成派であったことを知りました。その後、小飼氏のサイトなどを見てみると、もう10年くらい前から今の社会状況を予測し、ベーシックインカムの必要性を訴えていました。続いてニコニコ動画で公開されている「小飼弾の論弾」を数本見て、AIの発達で増える失業者の雇用対策は社会保障へまわせ(ベーシックインカム)、無駄な仕事を作る必要はないという意見に思いっきり納得しました。間違いを見ると直したくなるのがプログラマーの性という観点で、政治や社会、経済についての話が面白かったです。いずれ小飼氏のベーシックインカム論をまとめて紹介したいと思います。

2.IT系の人たちのベーシックインカム論が凄すぎる

小飼氏の絡んで、色んなベーシックインカムの討論動画を見ましたが、すっかり影響を受けてしまったのが「ベーシックインカム ニコニコ朝まで生激論」、1本約60分、全部で約3時間の動画でしたが、機械やAIの発達によって人間のできる仕事は減るのに、失業(率)対策として余計な仕事作りは税金の無駄と口を揃えていますが、この討論は7年前に行われたもの、先見の明というか低失業率を達成しているものの経済が好転していない現状を見事に予測された結果になっているように思います。行政機能をAI化し、不要となる官僚や天下りを排除するゴールデンパラシュート方式の議論など見どころいっぱいでした。

3.ベーシックインカム反対派の意見を調べてみる

私はベーシックインカム大賛成派です。しかし反対派の考え方もひととおり理解しておく必要があると思い、ネット上の反対意見を集めています。しかし今のところ説得力ある反対論にはお目にかかれていません。私の印象では賛成派には理論的合理的意見が強く、反対派は(今のところ)感情論的意見が強いように思います。そのように感じる根拠として、賛成派は過去から将来にかけて社会全体の変化を分析した結果から賛成と導入に至るストーリーまで作っているのに対し、反対派は、まず「無理」という結論が先にあり、理由が後付けのようになっています。つまり「言い訳」のように聞こえてしまいます。また有料サイトであったため記事は読まず(わざわざ読んでいませんと書いて)コメントしている人もいて、まっとうな意見というよりも批判が目に着いてしまうのが残念です。これも一度まとめてみようと思います。

4.フィンランド在住日本人ブログを発見

目的はもちろん今年1月より社会実験として始まったベーシックインカム(BI)関連の情報、さっそく3月11日付でBIに関するエントリーがあり、非雇用者手当(日本の生活保護に相当)からBIに変更されると待ってましたかのように起業の準備をはじめた人もいるそうです。ブログじたいもマメに更新されておりBIの続報が楽しみです。

週明け月曜日は祝日のため更新はお休みします。21日(火)より再開します。

ではまた来週、よい一週間をお過ごしください

スポンサーリンク

シェアする

フォローする