書くことの難しさ、捨てる技術の必要性を痛感

シェアする

image

週末は休みにしましたが何とか休むことなく記事を書いてます。ただ自分のブログスタイルとしては試行錯誤の繰り返し、かなり迷いながら書いてます。

開設当初の目標はグーグルアドセンスアカウントの取得でした。グーグルアドセンスの合格基準はグーグルポリシーの遵守とオリジナリティの他、審査基準として1記事1000文字以上(と推測されています)、その他にもいくつかあるのですが、とりあえず1000文字以上を開設時から意識してきました。

しかしアドセンスアカウントも無事に取得できましたので1000文字を意識する必要はなくなったのと、スマートフォンからのアクセス割合が高いこともあって、画面の小さなスマートフォン向けに1記事をコンパクト、文字数で言うと500~800程度に収めようかなと考えています。長い文章は途中で飽きられることもあるでしょうし、一息で読める疲れない程度の長さに収めてみようかと考えています。

ただ、ブログを書き始める前と、書いている最中、そして書き終えた後の文字数やイメージにはもの凄いギャップがあります。もう少し詳しく説明すると、まずネタを決めたら最初の1段落を書き始めた時点で1000文字にまとめるイメージが出来ていなく不安に襲われます。本当にここで1度手が止まります。ネタはの記事はあるのですが1000文字程度で収めるための取捨選択にかなり時間がかかっています。

ある程度の取捨選択ラインを決めると続きに取り掛かります。3~4つの段落を書き終えたところで半分を超えます。と同時に変な勢いが出てきてパンドラの箱が明いたように新たなネタというか段落というか文章が浮かんできて、気が付けば2000文字を超えているという事も珍しくありません。

ちなにみ昨日の記事は書き出しからオチに繋がるよう書き続けて気が付けば3000文字に近くなっていました。書き始めはどうやって1000文字にまとめようか苦労したのに、最後は思いっきり字余りでどこを削ろうかと悩む始末。ブログを書く前に頭の中で文字数も意識した記事のイメージが作れるようになればもっと楽に書けるのではと思います。

自分らしい書き方を身に着けよう、参考書はこれ1冊でOK「新しい文章力の教室/唐木元」
面白いブログは内容が大切なのはもちろんですが、伝える技術として「文章力」も大きく影響します。読みやすく、わかりやすく書くことが大切で...

「新しい文章力の教室」をもう一度読み直してみます。