元気な高齢者が日本を元気にする

シェアする

image

年金支給年齢を引き上げる話は毎年のように出てきます、私の年代では少なくとも70歳以上になると思います。ということはその年齢まで働き続ける必要があるのですが、企業の定年延長だけで十分な雇用が確保されるとは思えません

スポンサーリンク

高齢者でも生産性、収益性の高い新しい仕組みの仕事作りが求められる

すでに定年延長制度を取り入れている企業もありますが、私が知る限り雇用形態がそのまま延長されるのではなく雇用契約の見直しや再雇用という方法が多いように思います。少なくとも給与や労働条件の変更があり、とくに給与に関して昇給などはあり得ず、ほぼ新卒の初任給レベルまで下がることはほとんど、状維持でさえ奇跡と言えるでしょう。

さすがに肉体労働的要素が強い仕事で現役並みに働くのは難しいでしょうが、かといって全ての能力が現役世代に比べて劣るわけでもありません。例えば事務処理能力はパソコンをはじめとした事務処理機器やデータ通信の発達により、加齢による能力低下の影響は少ないと思います。と言うか現在50代となる1960年前後生まれの方は業務のシステム化を経験してきた世代で比較的ITに強い方が多いと思います。

ひと昔前なら定年退職された方はもう使い物にならないようなイメージもありましたが、これからはポテンシャルを持った高齢者が増えます。この能力を世の中のために使うような新しい雇用やビジネスがきっと生まれてくると思います。高齢者の雇用ではありませんが、森下仁丹株式会社」が40~50代を中心とした年齢層を「第四新卒」と名付け採用活動をはじめました。

定年後の高齢者を雇用する「株式会社高齢社」という企業は、高齢者に特化した仕事作りで得意先を獲得し順調に業績を伸ばしています。高齢者が活躍できる場所と経験や能力を生かせる仕事や業務を開発することで、現役世代並みの生産性、収益性を達成することも可能だと思います。そして高齢者が働きやすい職場は他の年代でも働きやすいはずです。

高齢者のポテンシャルを引き出せる会社が少子高齢化社会を活性化させます