もう有名人のプライベートネタには飽き飽きしている

シェアする

image

テレビが面白くない、飽きられている、テレビ離れが進んでいると言われている原因のひとつに、有名人の交際発覚、破局、不倫、離婚などをスクープとして如何にも社会問題のように扱っていることがあると思います。好きな人は好きなのかもしれませんが、公共の電波を使って記者会見や謝罪会見させるようなことではないと思います。マスコミは他にすることがないのでしょうかね。

もう有名人のプライベートネタは勘弁して欲しい

とくに不倫は個人的な問題で社会問題と思えず嫌悪感さえ感じます。もういい加減にしろと思います。某週刊誌のスクープネタがテレビやネットニュースに流れ、ネット民の反応が再びテレビやネットに流され延々ループするというのがお決まりのスタイル、火に油を注ぐようなネット民の反応にも辟易します。ネットで批判している人達は何か迷惑でも被っているわけでもないのに「謝罪しろ」「責任を取れ」のオンパレード、でも被害者はあなた達ではないのですよ。

取材したマスコミ関係者やテレビのコメンテーターはとりあえず仕事という仕方ない面もありますが、それでも有名人のプライベートネタで稼ごうというのもどうかなと思います。SNSで評論家やコメンテーターの書込みが炎上するとそれもニュースになったりします。わざわざ遠くからSNSの炎上騒動に参戦してくる芸能人や人気作家などは炎上芸人、炎上商法と言われても仕方がありません。

残念ながら地上波メディアはすっかり低迷してしまい、良くも悪くも大衆の自由な発言に溢れているネットに依存していると思います。もしもインターネットが全面禁止になったとしたら、テレビのニュースや情報番組がガラリと変わると思います。但しネットが普及する前のような企画力や取材力が残っていればの話ですが・・・。

ネットに押されっぱなしの地上波ですが、予算が減ったから用番組が作れない、取材もできないというのは理由にならないです。テレビ東京は知恵を絞って少ない予算でも面白い番組を作っています。数年後はキー局の勢力図が大きく変わっているような気がします。

他人の不幸やプライバシーをネタにするようなメディアに期待することはありません