生活習慣を見直す必要性を感じています

シェアする

image

現在の私はやや肥満体型で少し頑張れば標準体型に近づけそうなのですが、最近はわずか数キロの減量が思うようにできません。そもそも体重は食事摂取量と生活や運動によるエネルギーの消費量で決まるので意識しながら生活してますが、最近その感覚のズレが大きくなっているように感じます。

スポンサーリンク

最近、体重計の表示に疑問を感じることが多くなってきた

ひと昔前、真面目にランニングしていた時に体重や体脂肪率などを小まめに記録していたため、体重を感覚的に意識できるようになっていていました。最近この感覚にズレがあって覚えのない体重増加が増えてきました。

この原因として体内の水分量が多く占めているように感じています。自分自身の感覚では1日の水分摂取量は多いほうだと思います。しかしその分を発汗などで放出していれば問題ないのですが、今年は低温が続いて汗をかく機会が少ないことが影響しているように感じます。食事に関してはバランスは別として摂取量やカロリーは問題ないと考えてます。

主食のご飯はまとめて炊き1食分づつ小分けして冷凍していますが、その際に1食分を180gになるよう計量しています。食事回数は1日2~3食、朝は食べないこともありますが回数としては問題ないと思います。主食はご飯1食でパンや麺類の場合もありますが、基本的に主食分のカロリーは約250~320kcal程度、これにおかずを含めて1食あたりの平均は600~700kcalと考えてます。

水分は食事以外で麦茶、番茶、コーヒー、自宅で作るタイプのスポーツドリンク、その他飲料水を合わせて軽く2リットル以上は飲んでいると思います。コーヒーはインスタントですが利尿作用を意識していることもあって摂取量は多くなっています。いつもは砂糖を入れて飲んでいますが、しばらくコーヒーの砂糖や飲む量を減らしてみようと思ってます。

食べ物に関しては基本的に和食、ご飯の他に1日1パックの納豆肉よりも魚のほうが好きで、割合にすると肉1:魚2、1食あたり肉なら100g程度、魚なら切り身ひと切れくらい、あとは煮物や漬物程度なので、食べ過ぎているとは感じていません。少なくとも食べ物で糖質や脂質を摂り過ぎていないはずです。

残りは生活や運動によるエネルギーの消費ですが、これは年齢的にも確実に落ちているでしょう。しかも少しぐらい運動してもあまり消費できなくなったように思います。と言うか消費する前に疲れてしまいます。でも体組成計の測定結果では筋肉量は年齢平均よりも多いことになっているので、生活の中で上手に使えば減量できるはずです。身体は軽いほうが疲れにくく日々の生活も楽になるはずです。もともと膝が悪いので負担を減らすためにも太らない生活習慣を意識したいものです。

そろそろ加齢による変化に対応した生活習慣の見直しが必要だと感じています