お金集めが目的のお薦めできないネットコンテンツの紹介

シェアする

image

先日はオススメコンテンツを紹介しました。本日は逆にお薦めしたくないコンテンツを紹介します。記事の性質上、サイト名や個人名は伏せるとともに有料コンテンツのみ紹介します。料金ほどの価値はないと私が思うサイトです。サイト名や個人名を出したほうが手っ取り早いのですが、私が有益か判断している基準を紹介しますので参考にしてみて下さい。

会社などに所属せずパソコン1台で稼いでいると自負するフリーランスの方が、自身の稼ぎのノウハウを教えますという有料コンテンツがあります。ビジネスモデルとしては、FacebookやTwitter等のSNSから自身のブログやウェブサイトに誘導し、有料メルマガや会員制の有料オンラインサロンへ勧誘しています。ネットで稼ぐ手段は色々ありますが、どの手段でも基本はサイトのアクセス(PV)数です。手っ取り早くアクセスを増やすために「敵を作る」方法があります。特定の業界や社会層に対してネガティブな発信をします。

例えば「毎日満員電車に揺られてアクセク働くなんてバカバカしい、もっと簡単に稼げるのに可哀そう」と多くのサラリーマン層を敵にします。短期的には有効化もしれませんが、徐々に相手にされなくなります。ブログ記事もサイトの運営論が少なめで株や投資話が見られたりします。つまりネットでは儲からなくなっている証拠です。しっかりと自分のポリシーを持っていないので裏技的なやり方でアクセスを集めるしかなく、それを「ノウハウ」として収益化しようとしていますが、ご自身が稼げていない場合が多いです。それでも一定の信者のようなユーザーが居るのは不思議です。

ネットメディアにも時々取り上げられているとインフルエンサー(影響力を持つ人)と信じてしまう人はまだまだ多いようです。まずSNSや運営するブログなどをじっくり目を通して、サイト名や個人名、特徴的に使われているキーワードなど色々と検索しネットにおける評判なども参考にしてみると良いです。

有料オンラインサロンから生まれた”稼げるブロガー”は見た事ありません。