日本一自殺率の低い町、その理由は住民の絆の弱さにあった

シェアする

image

日本一自殺率の低い町、徳島県海部郡海陽町(旧、海部町)は不思議な町、赤い羽根共同募金が集まらない、老人クラブや敬老会の加入率が低い、幸福だと思う人が少ない、日常的に生活面の協力はしない率が高い、これでどうして自殺率が低いのか不思議になります。その謎を解明するため4年間にわたって現地調査を行った結果をドキュメンタリー風にまとめたのがこの本です。

昨日はこの本を読了したくてブログの更新を後回しにしてしまいました。

スポンサーリンク

他とは何かが違う海部町

海部町でも自殺危険因子(自殺をする原因)は普通に存在し、「自殺危険因子が低い=自殺率が低い」という仮説は成り立ちませんでした。では自殺行動を緩和する原因を調べようにも、自殺に関する研究の多くは自殺危険因子を扱っているものばかりで、自殺予防因子(自殺をしなかった原因)に関する研究は皆無だったため、筆者の試行錯誤が始まります。

その結果、この町は他とは違うことが次々と明らかになってきました。私がとくに注目したのは精神科の受診率の高さです。鬱病の人が多いということではなく、受診に抵抗がないということでした。これはとても大切な事で、万が一鬱病と診断されても特別視され烙印を押されるようなことなく受け入れてくれるコミュニティの存在があります。この安心感があるから気軽に精神科を受診することができ、結果的に重症化を阻止する要因になっています。

また、この地区だけに語り継がれている「病は市に出せ」という言葉があり、「病」は病気だけではなく家庭や仕事の問題などの困りごとを意味し、「市(いち)」公を意味します。つまり困りごとは面倒になる前に相談しろ、やせ我慢したり虚勢を張って手遅れになればみんなが迷惑するという事です。そういう弱音を吐きやすい雰囲気作り、言葉だけではなく態度に現れているのが随所に見られます。

また人物本位主義の住民が多いのも特徴、リーダーを選ぶ場合に学歴や経験を重視するという住民は1割強、問題解決能力を重視するという住民が8割弱、人は中身で判断し立派に見せるパフォーマンスは通じません、その証拠に町の教育委員長に選ばれた人は教育現場の経験ゼロの民間人です。

この本の後半には自殺多発地域についての分析結果があります。アンケート結果から明らかになったのは絆が強いと思う反面、迷惑を掛けられないとう気持ちも強くなる傾向にあるということ、住人の絆が強いと思う人、自分は幸せだと思う人が多い地域は自殺率が高くなる傾向が出ています。疑問に感じると思いますが全てはこの本を読むと納得できると思います。

海部町には誰もが暮らしやすい街づくりのヒントがたくさんあります