2017年はLINE離れがはじまるかも

シェアする

image

LINEブログが一般人にも開放されて約3ヶ月経過しました。サービス開始当初は有名ブロガーたちの多くも次々とLINEブログのアカウントを取得し、サブブログ的に配信する動きが見られました。

スポンサーリンク

LINEは何を目指そうとしているのか

様々な情報収集目的でブログやミニサイトをチェックしていますが、効率良くチェックするため更新状況がひと目でわかるRSSリーダーサービスを利用しています。しかし更新されないサイトをいつまでも登録しているのは無駄なので時々整理するのですが、一般開放された時に開設され多数登録したLINEブログも残り1サイトとなっていましたが、それもすっかり更新されなくなったため登録を外しました。

私個人はLINEを使っていません。但し一般開放されたLINEブログを含めアカウントだけは持っています。LINEブログも最初は興味半分で使ってみましたが、更新はスマホのみという仕様が、PC>タブレット>スマホという利用形態の私には不便でした。(私のタブレットはWinモデルなのでLINEブログの更新ができません)。LINEはチャット系サービスとして一定のシェアを持っていますが、コンテンツやコミュニティ作りは何か中途半端なイメージ、会社側が提供したいサービスと利用者側が受け取りたいサービスがズレている印象です。

新しいサービスを始めても本気で拡散させようとするヤル気も感じません。それは使い勝手から感じることができ、「なぜ?」「こうだったら」という違和感がいつまでも改善される気配を感じません。チャット系サービスは使われてナンボ、使い勝手が良くないのは致命傷になると思うのですが、このあたりの期待感が無いんですよね。なので有名ブロガーさんたちも見切りをつけてさっさと元のポジションに戻ったのだと思います。

LINEは日本では圧倒的シェアを誇るも海外ではさっぱり、この記事用に使用しているフリー素材もLINEアイコン入りを使用したかったのですが、私が利用している複数の海外サイトを横断検索しても見つけることができませんでした。こんな調子ですから今後も海外でシェアを伸ばすのは難しいと思います。ユーザー離れを良く耳にするFacebookや、身売り話まであったTwitterも色々と手を打っており相対的にLINEが衰退する気がしています。

変動の激しいソーシャルサービスの中でLINEには停滞ムードを感じます