インターネットTVが普及するために必要なこと

シェアする

image

正月明けからAbemaTVにハマってます。ちなみに我が家にテレビは在りません。面白いと思うテレビ番組が無くなっていたので地デジ化の時からテレビを辞めました。もともとガキの頃からラジオっ子でしたし、必要なニュースや情報はインターネットで十分得られますから不便は感じません。

AbemaTVにハマったのは正月明けに放送された「スマホで朝生」。私はパソコンで見ていました。AbemaTVは私好みの番組が多く、1日中AbemaTVを開きっぱなしという日も珍しくありません。作業のためにパソコンを明けたい時はスマホで見ることもありました。ちなみに我が家のインターネット環境は、ノートパソコン2台、Winタブレット、スマホ2台、全てWIMAX2のWi-Fiルータで接続しています。スマホはキャリアの回線でネット接続する事はありません。外出時もWi-Fiルータを持ち歩いて、Wi-Fiルータが繋がらない時だけキャリアのデータ通信を使っています。ちなみにWi-Fiルータ接続前提なのでデータ通信は最低限の1Gで契約しています。

スポンサーリンク

AbemaTVのデータ通信量は、1時間あたり約1GBを消費します

月額約4000円でつなぎ放題のWIMAX2ですが通常のハイスピードモードでは3日間で10GBの通信制限があります。という事は単純に半日もしないうちに速度制限を食らいます。実はもうひとつのプランであるノーリミットモードは低速ですが通信制限無し、私はこのモードで使用しています。AbemaTVで消費するデータ通信量は、放送内容にもよりますが平均して1時間あたり約1GBとの事です。これ、まともにキャリアのデータ通信で利用していたらトンデモない事になります。と言うかスマホでキャリア回線を使ってAbemaTVを楽しむにはまだまだキャリアのインフラが追いついていないです。しかもモバイルルータでは、WIMAX2のノーリミットモードが唯一の実質的な定額の通信制限なしプランになります。

もともと我が家のWIMAX2は酷使されており、とくにAbemaTVを見るようになってからはおそらくひと月あたりの通信量は軽く100GBを超えていると思います。そのせいか最近はバッテリーも劣化しているようで電源供給よりも電源消費が上回りバッテリー残量なしで落ちることもしばしば発生するようになりました。また我が家のまわりでもWIMAX2ユーザーが増えているようで、若干スピードが落ちているようで、とくに夕方からのゴールデンタイムは目に見えて遅くなります。

スマートフォン向けに設計されているAbemaTVですが、思ったより普及していないのはスマホの接続環境にあると思います。キャリアが定額つなぎ放題のデータ通信プランを用意しない限り、WIMAX2+スマホの組み合わせ人気が高まりそうです。ちなみにMIMAX2はAUさんの回線を使っていますので、AUさんあたりで定額つなぎ放題プランが出来ないものでしょうかね、もし定額つなぎ放題プランが出たら即乗り換えすけどね。

携帯キャリアの定額データサービスプランを熱望します