色々と事情があって段ボールを勉強してます

シェアする

image

段ボールそのものと言うか段ボールの加工方法について情報集めてます。段ボールを何に使うのかはまだ秘密とします。もし段ボールがこの世から無くなったら大変なことになると思います。とくに先進国ほど大混乱に陥るでしょう。

スポンサーリンク

段ボールは便利で扱いやすく環境にも優しい優等生

もし段ボールが無かったら、今のような高度な物流システムは実現しなかったと思います。丈夫なのに手軽に使えて処分も簡単、紙だけでできているにも関わらずハニカム構造によって高い強度を実現しています。梱包や包装だけではなく、様々な素材としても利用され、収納用品や最近ではちょっとした家具などにも使われています。素材の優等生と言える段ボールですが、苦手とするのは水と猫くらいだと思います。

この段ボールを使ってちょっとしたことを始めたいのですが、そのためにネタとしても色々と知っておきたいことがあります。と言うことで段ボールの業界団体のホームページを調べてみることにしました。おそらく全国的な団体の札幌支部くらいはあると思っていました

実はプロから直接話が聞きたいと思っていましたが、商談話ではないので一般企業にアポを取るのは引け目を感じます。しかし業界団体なら話がしやすいかなと思っていました。ところが業界団体らしい組織が札幌には無いようです。と言って旅費をかけて東京まで足を運ぶつもりもありません

そもそも一番知りたいのは、段ボールそのものではなく段ボールの加工方法や道具に関してなのですが、段ボールの業界団体でも納得の情報が得られる保障はないかもしれません。ということでネットの調査はDIY方面にターゲットを変え、時間がある時はホームセンターや東急ハンズ巡りで何か使えそうなモノや道具を探してみることにします。

自分で言うのもなんですが実現したらとっても面白いことができると思っています。しばらくニヤニヤする日が続くと思います。

クラウドファンディングのような、クラウドシンキングサイトを作って情報集めするのも面白いかもしれません

スポンサーリンク

シェアする

フォローする