グロースハックで始めるソーシャルビジネス

シェアする

image

グロースハックという言葉を聞いたことがない人は多いと思います。商品やサービスの開発にユーザーも参加してマーケットを育ててゆくビジネスモデルです。商品やサービスを提供する側と受け取る側がお互いに協力し合って新たなビジネスを育てることです。IT業界は技術革新が速く、常に新しいものを取り入れてゆく必要があります。

極端な話、ITビジネスはパソコンとインターネット環境さえあれば個人でもすぐにでも始められますしかし個人で技術革新を常にカバーするのは大変なことです。ITサービスを取り巻く環境は日々進歩しており、例えばウェブサービスの開発や保守だけでも、セキュリティ、プログラミング環境、SEO対策、マーケティングなど多岐に渡ります。

スポンサーリンク

出来る人に任せれば良い、居なければ育てれば良い、ひとりで全てカバーする必要なし

という事で一芸に秀でたユーザーを集めたり育てて全体をカバーするグロースハッカー集団を作ることで個人でも大手企業にも対抗できるサービスを提供できるようになります。参加条件は、個人でも仕事でもテーマは構わないのでご自身のブログやミニサイトをきちんと運営すること、そのために学んだり知り得た情報などは惜しみなく提供すること、つまりブログやミニサイトの運営者であり、一方では仲間のサイトのユーザーでもあり、困った時は技術協力し合う協力者でもあるというスタイルです。そして力を付けて外部の仕事を受ける体制ができると面白いと思います。

ITサービスのグロースハックに関してはとくに事業所を持つ必要もなく、好きな時間に顔を合わせられるスペースさえあればOK、多目的カフェのようなコミュニティスペースが理想的かと思います。インターネット上にサイトを立ち上げても活動する事も可能ですがリアルに集まれる場所はとても重要、場所さえあればセミナーや勉強会にも使えますし集客にや情報交換にも有利です。

そもそもITサービスの構築や運用を一般の人向けにデモンストレーションできる環境を作ってみたいと考えています。インターネットを使うだけではなく、自分でも何かやってみたいと考えている人は多いと思います。そんな人のためにワードプレスサイトの構築方法や運営方法、ウェブマーケティングなどを体験できる場所が必要だと思っています。

また、企業などに所属し最前線で活躍されている技術者をプロボノとして参加して貰うことも面白いと思います。もちろん力を付けたグロースハッカー達がプロボノに参加することも問題ありません。最初はド素人の集団でも自分のサイトを立ち上げて運営することで身に着けた実務経験を社会に活かすことも可能になります。そんなソーシャルワークを実現できないかと考えています。

ITサービスのグロースハックで実績出来たら、次はものづくりや地域の福祉サービス、ゆくゆくは子育て中のシングルマザーや障害者向けの在宅型グロースハックを開発し、社会的な弱者を社会貢献できる強者へ育てられないかと考えています。

利用者によってサービスを育ててゆくグロースハックという働き方に注目しています