個人的に思うSNSの考え方と活用方法について

シェアする

image

現在、Facebook、Twitter、Instagram、Mastodonを利用しています。サービスの内容や利用者の傾向にはそれぞれ特徴があります。そこで各SNSについて自分の考え方を紹介します。

スポンサーリンク

大手SNSはユーザー同士のコミュニティではなくなっている

Facebookで良く見かける「シェアします」「シェアさせて下さい」という書込みを不思議に思います。これはTwitterやInstagramではほとんど見かけないんです。リアルな世界ではマナーかもしれませんが、そもそもSNSは情報共有や拡散を目的として設計されています。そのようなサービスですからいちいち報告する必要はないと思います。では「シェアしないで下さい」と返せばどう反応するのでしょうか、「失礼だ!」言って怒り出すのでしょうか、イイ人アピールがしたいだけの迷惑行為だと思います。同様なものに「コメントなしの友達申請は失礼」がありますが、私の考えはイヤなら承認しなければ良いだけの話ですが、そもそも友達申請の設定ができます。相手に手間を掛けさせる前にするべきことがあります

色んな人がごちゃまぜで息苦しくなったFacebook

仕事関係やリアルな知人友人、立場や考え方の違う人たちが同じ世界に集まっているので、プライベートな事は書きにくい構造になっています。その影響なのかタイムラインへのコメントや「いいね」などのアクションも年々減っているようですし、若年層や女性に敬遠されがちです。ユーザー同士の交流文化はグループに残っているようですが、活発に交流しているグループもあれば、開店休業のグループまで様々です。

タレントや有名人の動向チェックとして使われているTwitter

Facebookに比べてタレントや有名人アカウントが多いのと、匿名利用ができるため若年層や女性利用が多いです。特別に設定しない限り無言フォローできる気軽さもあり、複数アカウントでフォローを使い分けることでアングラ系を避ける事も可能、さらに細かくカスタマイズできるサードパーティ製アプリがあるのも若年層や女性にウケている理由と思われます。情報のトレンドがわかりやすく、ハッシュタグやキーワードでの検索も便利です。

ビジュアル系&スマホでの利便性が高いInstagram

若年層や女性を中心にユーザーを増やしています。Facebookでは敬遠されがちな広告も、ビジュアルで訴えることでエンゲージ率は高いようです。元々スマホ向けにサービスが設計されているのも、スマホユーザーが多い若年層や女性に人気がある理由だと思います。当初はパソコンで利用できる機能が少なかったのですが、次々と仕様変更が行われ使い勝手が向上しています。

積極的な会話から独り言まで楽しめるMasutodon

わずか数か月前に出現したSNS、個人でもインスタンス(サービスを提供するサーバー)を立ち上げられるのが特徴、大手SNSは世界にひとつだけなのに対し、特定の目的や話題に限定したインスタンスが多数存在し、その中から好きなインスタンスを利用できる気楽さで急速に拡大中。インターフェースはTwitterに近いがコミュニティとしては最近のmixiに近いかもしれません。

個人的にはTwitterを重宝しています

Masutodon以外のSNSを併用しているユーザーも多いのですが、利用頻度はTwitter>Facebook>Instagramという印象があります。私にとって有益な情報は、ネタの面白さや鮮度が高いTwitterから入手する事が圧倒的に多いです。企業やメディアの情報は、RSSリーダーで最新をチェックしているのでFacebookは重要ではなくなってきており、Facebookは公式イベントのチェックが主な利用になりつつあります。ちなみにLINEのアカウントは持っていますが、まったく利用していないのでコメントできません。

少子高齢化するFacebookですが、とくに対策はしないと思う

最近のFacebookには閉塞感すら感じています。Facebookから若い世代の文化やトレンド情報がほとんど入りません。これは若年層や女性のユーザーが圧倒的に少ないことが原因だと思います。しかし若年層や女性がSNSを避けているわけではありません。Facebookが避けられているだけで、TwitterやInstagramは積極的に利用されています。Facebookが若者から敬遠される理由は、Facebookのユーザー層に多い中高年の使い方に原因があると思います。

情報収集はFacebookとTwitter、見るのが楽しいInstagram、コミュニティならMastodon